のぼりを使った効果的な宣伝効果

のぼりを店舗の広告として使うには、他にも効果的な使用方法があります。

置き方一つにとっても、のぼりの効果はかなり変わってくるのです。

例えばのぼりを配置する間隔です。

最も効果的な間隔は、1m80pであると言っているのぼり業者があります。

その業者いわく、のぼりはお店をアピールするための宣伝材料ですから、あまりにも密集した置き方をしてしまうと店舗を隠してしまうことになり、お客様に圧迫感を与えてしまうことがあるそうです。

しかし、1m80pの間隔で配置することによって、車で移動中の人にも、のぼりの近くを徒歩で通る人にも、のぼりの内容を認識してもらえて、さらに店舗を隠す事がないそうです。

さらに、のぼりの配色が生みだす効果と言うのもあります。

同じ種類を並べる場合、同系色ののぼりを揃える場合、一本だけ違うのぼりを混ぜる場合、全く違う配色を組み合わせる場合など、様々なバリエーションによってそれぞれに違った効果を生み出すことが出来るそうです。

まったく同じ種類ののぼりを複数配置した時には、のぼりによる統一感が生まれ、上品な雰囲気を作ることができます。

専門店としてのブランドイメージを押し出したいときには、有効的な方法です。

のぼりの内容が違っても、同系色でカラーを揃えた場合、遠目には上品な統一感があり、近寄った時にはバラエティー豊かな店舗内容をアピールすることができます。

全く違う配色ののぼりを組み合わせた配置は、カラフルで店舗の華やかな雰囲気を演出するのに適しています。

イベントの時などには、かなり有効な配置と言えます。

このように、のぼり一つをとっても宣伝効果は様々で、自分のお店をどのようにアピールしたいかによって、必要なのぼりのデザインとその数は変わってきます。